TOP > 家を建てる

*** 施工の流れ ***

    【Step1】仮契約まで

①お問い合わせ → ②プラン提案 → ③概算見積もり → ④金融機関ローン仮申込み → ⑤最終見積もり→ ⑥仮契約

お問い合わせいただきますと、まず担当者がお客様のご要望を
お伺いし、プランを作成します。弊社からの一方的な提案ではなく、 お客様のアイデアなども伺いながら進めます。そのプランを元に概算見積もりを作成します。その二つに納得され決定しますと、 金融機関のローン仮申込みの書類に必要事項を記入していただき、 金融機関に提出いたします。
諸経費(登記費用等)を含めた最終見積もりを確認いただき、
仮契約をします。 仮契約のときに本契約の日取りを決めます。

    【Step2】本契約まで

①建築確認申請 → ②本契約

仮契約が済みますと、早急に指定確認検査機関に建築確認申請をします。
それから仮契約の日に決めた日取りで本契約となります。本契約のときに印鑑が必要です。
他に必要なものがありましたら担当者が報告いたします。

建築確認 … 建築基準法に基づき、 建築物などの建築計画が建築基準法令や建築基準関係規定に 適合しているかどうかを着工前に審査する行政行為である。

    【Step3】着工

①地鎮祭 → ②基礎工事

地鎮祭地鎮祭にお客様に持ってきて持ってきてもらうもの

はお供え物として、米1合、塩1合、酒1升、いりこ、昆布、野菜、果物、湯のみ、玉串料(1~2万円程度)です。 工事の安全を祈願します。
地鎮祭が終わりますと、基礎工事が始まります。
基礎工事は大体10日~15日程かかります。

地鎮祭 … 土木工事や建築などで工事を始める前に行う、 その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させて もらうことの許しを得る儀式です。

    【Step4】上棟~完成へ

①上棟 → ②屋根工事 → ③外壁工事 → ④配管工事 → ⑤建具工事 → ⑥内外装工事 → ⑦塗装 → ⑧タイル工事→ ⑨設備機器・照明工事 → ⑩養生外し・クリーニング → 外構工事

工事現場

上棟式で持ってきてもらうものは、塩、米、お酒(1升を1本) 工事関係者へご祝儀(5千円~2万円程度)です。家が完成するまでには、通常、外構工事を含め約4~5ヶ月かかります。

上棟式 … 建前(タテマエ)とも呼ばれ、無事棟が上がったことに喜び、感謝するものです。工事に関わった人が一同に会し、今後の工事の安全を祈願し、 お互いの協力の元に家をつくり上げていこうとする意思表示の会でもあります。

    【Step5】 完成、引渡し

①完了検査 → ②引渡し
指定確認検査機関が完了検査をします。
検査をクリアすれば、新居の鍵をお渡しいたします。
入居にあたって風呂、台所等の設備の使い方を担当者が説明します。

完了検査 … 建築物が確認申請どおり完了したか、適法かを検査することです。検査に合格すると検査済証が建築主あてに交付されます。

    【Step6】 アフターフォロー

アフターフォロー
日本住宅保証検査機構(JIO)の保証がついています。
注文住宅の構造部分(基礎部分、柱、壁など)と、雨水の浸入する部分(屋根、外壁またはこれらの開口部に取り付ける建具)の欠陥については、10年間保証いたします。

上矢印 ページトップへ